おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


Show by Dec/26/2008

旭屋(サメ心臓刺身定食)

ひたち野うしくと荒川沖の中間辺りにあって、魚の美味しい店として以前にも紹介した「旭屋」にまた行ってきました。

ちなみに前回の記事を見たニケが「あん肝刺身! 食べに行く! 連休にそっち行くときの晩ご飯はそこで!」と騒いでましたが、店のネームカード見たら「年末年始とゴールデンウィークは休業」との記述が。ていうかそもそもアンキモ刺身は記事書いた3月下旬ですら「また来シーズン」って書いてあったじゃないか。

 「なんかの間違いで入荷されるかもしれないし!」

だから連休営業してないって。
とかメッセンジャーで会話してたところ、その手で店に電話して問い合わせた様子。

 「やっぱり休みだってー」

だからそう書いてあるって言ってるじゃないか。話を聞け。

ちなみに数年前にもニケが遊びに来たときにこの店に行こうとしたら定休日っていうニケ効果発動があったんですけどね。


さて、今回はちょっとこっちの方に行く用事があったので、ついでに昼食をここでと思い、出る前にサイトで日替わりのお薦めを確認したところ、


気仙沼産サメの心臓刺身定食(トンカツ付)

高級珍味!大変稀少な品!モウカザメの心臓のお刺身です。「モウカの星」と地元では呼ばれ、コリコリとした食感はまるでサザエのようで、風味のよさはまさに珍味。馬刺の赤身よりおいしいとさえ言われています。レバ刺などより血なまぐささや臭みは一切無く非常に美味しいものです。「次はいつ?」といわれても、そう入らないものなので是非、この機会にお試し下さい。



こんなものが。
うわぁ、普通に刺身食べたかったのに気になる。超気になる。

Mayuge脳内にいる普通に刺身を食べたい人の方は「室蘭産ハッカク刺身定食(ナス焼き付)」にすごく惹かれてるんですが、サメの心臓刺身定食とか、今回を逃したら一生のうちでもそうそう食べる機会がある気がしません。
店に着いてからもしばらく悩んだんですが、結局サメの心臓に。

日替わりの売り文句はいつも非常に惹かれる文章で、毎回「この機会に是非これを食べてみねば!」という気分にさせてくれるんですが、今回のサメの心臓刺身に関しては、「サザエ」「馬刺し」「レバ刺し」と喩えの方向性がどうにも一貫せず、どうんなものになってるのか想像できなかったことも逆に気になったポイント。
心臓の肉って内臓系の肉の中ではわりと筋肉に近い質感という印象で、馬刺しという喩えはまあ想像がつくんですけどね。

ということで出てきました。外見はレバ刺し的。
食感もレバ刺しに似似ていますが、レバーよりは少ししっかりしてるかなーという程度。匂いやクセはなく、けっこうあっさりしています。淡泊で、確かに味をたとえるとしたら馬刺しとかそういう系統。

見た目と名前のインパクトに反して非常に上品な味で、何やらやや拍子抜けではありますが、このあっさりした味はけっこう万人向けだと思います。
付いている薬味はわさびではなくおろし生姜。青じその葉にくるんでしょうが醤油で食べるとあっさりした身と非常によく合います。

さらに写真で刺身が二山に分けてある右側の一番上に乗ってるちょっと白っぽい一切れ。筋肉の端の腱っぽい部分だと思うんですが、ここがちょっと硬くてコリコリとした良い歯ごたえ。サザエってこれか!
外見と食感はレバ刺し、風味は馬刺し、場所によってはサザエということで、全然方向性の違う3種の喩えに納得。


あとは、メニューの説明では何も触れてないんですが、この日はみそ汁がさりげなくアラ汁になっていてちょっとお得な感じ。ダシがよく効いていてこれまた美味。
本日の浅漬けはちょっと塩辛め。


 旭屋

  土浦市荒川沖 6-138
  TEL : 029-841-0022
  営業時間 10:30~23:00
  定休日 日曜・祝日





Nov.26.2008(Wed)23:55 | Trackback(0) | Comment(2) | くいだおれ(食記録) | Admin

NON(ゆずこしょうバーガー)

でおなじみのNONですが、今月のはじめ、かなり久々に1号店に行ってきました。

ゆずこしょうバーガー(¥1100)

…また妙な和洋折衷が発生してますが。
やはりこれは試してみなくてはなりますまい。
なんか注文した瞬間に店員さんがあきらかに「ニヤッ」と笑ったんですが。関係者の間でも注目の新作イロモノだったんでしょうか。

サラダとフライドポテトとヨーグルト付き。バンズは普通のと胚芽パンから選べたので今回は胚芽を。
届くと同時にほんのりゆずこしょうの香りが漂いますが、外見は普通にハンバーガーセット。
切り分けてたらハンバーグの上にぺったりと緑色のゆずこしょうが塗ってあるのが見えました。

で、肝心の味の方ですが、例によってイロモノメニューも間違いのない仕上がり。何の違和感もなく美味しいです。ちょっと爽やかなゆずの香りがするのが肉汁によく合ってます。むしろ今度ハンバーグ焼くときにゆずこしょうを試してみようという気になるほどのマッチ具合。
ゆずこしょうって、あるとたまに嬉しいんだけど、鍋かうどんくらいしか使わない印象が強いじゃないですか。小瓶はあるんだけど使い切るまでに非常に時間がかかり、もてあまし気味だったんですが、こんな洋風の肉料理に合うとは意外でした。



グリルドチキンとポテトののタイ風チリマヨ丼(¥950)

もう一品はタイ方面に。この店でご飯ものを採り上げるのは初めてじゃないでしょうか。
グリルチキンはこの店のお得意のいつものやつで、ソースがスイートチリ+マヨネーズな辺りがタイ風。この甘辛さはたしかにタイ。ナンプラー風味は付いてなかった気がするので苦手な方でも大丈夫かも。ライムの搾り汁が爽やかで良いです。
フライドポテト…はわざわざそこにいる必然性はない気もしますが、別に違和感もないです。こういう不思議な組み合わせは誰が考えるんだろう。カレー以外でご飯にジャガイモが乗ってる姿を見ることはあまり無いと思うんですが。



デザートはふわふわシフォンのアップルキャラメルパフェ(ランチ+¥300)
これは以前にも同じ系統のものを食べたことが…って気のせいだ。のはどちらもリンゴのカラメルソース煮が付いてるタイプだったけど、こちらはキャラメルソースをかけた比較的普通(NONにしては)のパフェ。
意外性はありませんがいつも通りの質の高い仕上がり。


久々に来てみてもやはり美味しい上に意表を突く料理を置いて待ちかまえてました。
和風のあっさりしたもの専用の薬味だと思っていたゆずこしょうが、洋風の肉油系料理にこれほど合うということが目からウロコだった一日。



ついでに今日のご飯を探しているときに見つかった情報。

最初、NONではなく、以前に紹介したCafe Strollに行こうという話になってたんですが、店の裏の駐車場から表に回ろうとしたところになにやら張り紙が。

モツ料理専門店に突如転身した様子。

ちなみに張り紙では11月30日になってますが、この日は11月1日でした。おそらく10月30日の誤記です。




 NON FURNITURE&CAFE

  つくば市二の宮 2-14-15 ARUMIKビル 1F

  TEL : 029-858-3855
  営業時間 :  平日 11:00~21:00(L.O)、金,土 11:00~21:30、日祝日 11:00~20:30





Nov.26.2008(Wed)20:58 | Trackback(0) | Comment(0) | くいだおれ(食記録) | Admin


(1/1page)