おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


2013年9月を表示

バジルペースト(ヒマワリの種代用)

バジルを観賞用に鉢植えしてみたのは以前に書きましたが、その後根が巻いてきたので少し大きめの鉢に植え替え、そのついでに肥料を追加したらいきなりすごい勢いで伸びてきまして。
プチプチちぎってサラダに添えてる程度では消費が追い付かず、せっかくなのでなんか作ってみようかと。
といってもバジルをまとめて消費できそうなものがバジルペーストくらいしか思いつきませんでした。
Mayugeがパスタを選ぶとたいていトマト系かガーリックオイル系に行ってしまうため、ジェノベーゼって個人的にはわりと馴染みがない食べ物。

とりあえず手始めにレシピ検索。
松の実の手持ちなんか無いけど、伸びすぎた観葉植物を処理するのに食材をわざわざ買い足すのも本末転倒。松の実ってちょっと高いし。どうしようかと考えたところ、以前につまみに買ったけど思ったほど消費できなくて残ってたヒマワリの種があることを思い出しました。これでなんとか。

ということでレシピ。


バジルペースト(ジェノバペースト): パスタ2、3皿分

 バジル     40g
 ヒマワリの種  40g
 オリーブオイル 40g
 塩       少々



分量にはあまり根拠がありません。検索した感じだいたい葉っぱと種と油が1:1:1かなーということで。
40gは目の前のバジル適当に毟ったのを計ったらこの量だったので。

ヒマワリの種はフライパンで軽く煎ってから使用しました。松の実を使う場合べつに火を通したりしないようなんですが、なんか香りが良くなりそうだったので。
材料は適当にミルサーで粉砕。
バジルの葉は最初そのまま容器に放り込んでみたんですが、上の方で引っかかって刃が空転するので横着せずにある程度包丁で刻んでからミキサーにかける方がよさそうです。もっと良い機械使ってればそうでもないのかもしれません。
うちのミルサーは前世紀から使用し続けてる老兵ですし。



ということでバジルペースト完成。
密閉瓶で保存すれば1週間くらいは保存できるらしいですが、今回は2日で使い切りました。
何しろ本職の作ったジェノベーゼを食べたことがないので加減が分からないんですが、この分量でパスタ2、3皿分というところではないでしょうか。
保存する場合は容器に追いオリーブオイルして油膜で表面を覆い、本体部分を空気に触れさせないようにするのがいいようです。
完成直後から空気に触れてるとことがあっという間に真っ黒に変色していきます。混ぜると表面以外は鮮やかな緑色のまま。

まあ残すならジップロックして冷凍保存の方が使い勝手がよさそうですが、Mayugeは冷凍するとたいてい忘れて二度と出してこないクセがあるので、敢えて冷凍せずにすぐ使い切りました。



さらにそのままジェノベーゼのパスタにしたときのレシピ。


 パスタ     100g
 ニンニク    1片
 バジルペースト 40~60g(先ほどの半分)
 塩       適当
 オリーブオイル 適当

ニンニクはあらかじめみじん切りにしておき、鍋に湯を沸かしてパスタ茹で開始。
パスタは指定の茹で時間-3分くらいでタイマーをセットし、時間になったらそのまま茹で続けつつ隣にフライパンを用意。
フライパンにオリーブオイルをひいて刻んでおいたニンニクを加熱開始。
あまり高温にしないように注意しつつ、ある程度ニンニクの香りが油に移ったらバジルペースト投入。
軽く混ぜ合わせたら隣の鍋からパスタを投入。指定の茹で時間より1分30秒くらい短めに、というレシピをどこかで見たので、このくらいでやればだいたいそんなもんになるだろうと。
パスタの移植はザルに揚げたりせず、若干の茹で汁を持ち込むくらいの気持ちで。混ざり具合の様子を見ながら適当に茹で汁足したりしてました。
塩で味を微調整して気の済むまで馴染ませたら完成。


ということで伸びすぎたバジルと食べ残しのヒマワリの種から作った割にはなかなか美味しくできました。本物のジェノベーゼをどのくらい再現できてるのかは分かりませんが。
動物性タンパクも出汁も一切入ってない割にコクがあって食べやすく、松の実を安価なヒマワリの種で代用するのはそこそこいけそうです。
まあどっちにしろ常備しておくような食材でもないですが。
そのうち機会があればちゃんとプロが作ったジェノベーゼを一度食べておこうと思います。

気になった点としては、ちょと舌触りが粉っぽくざらついた感じでしたが、最初にヒマワリの種を強く煎りすぎたのかもしれません。



2013年9月30日(月)21:43 | トラックバック(0) | コメント(0) | 食糧(レシピ・栽培) | 管理

シルエット工場 猫七福神

GW明けに本ときのこ展の記事で採り上げた古今東西雑貨イリアスにて、シルエット工場 川口喜久雄氏の作品の企画展示、「小さな店と謎の街」をやってまして。
新作もあるらしいのでちょっと見に行ってきました。 まんまと洗脳 同じく氏の作品を気に入った後輩も同行して。
相変わらず緻密な作品を眺めて猫分を補充してきました。
どうも手を伸ばす商品が同系統に偏ってしまいがちで、似たようなものばかり買ってしまうのが困りもの。



で、近所だしついでだからと以前に田崎太郎氏の個展を見に行ったことがあるギャラリー猫町にも足を伸ばしてみました。
写真は入り口の階段にいた門柱猫。以前はこんなのいなかった気がするんだけど。
こちらについては特にお目当てとかあったわけではないんですが、2Fのギャラリーでまいけるからわた氏の作品展、「まいけるの福もの」をやってまして。
初めて知った作家さんながら和テイストかつコミカルで怪しげな作風がわりとMayugeの好みにクリーンヒット。作家さんの解説を聞きながら作品を眺めてると、作品とは関係なく猫をかたどって複雑に切り抜いた御幣なんかがしれっと壁に貼り付けてあります。

 「‥‥いざなぎ流ですか」
 「あ、そうです。いざなぎ流」

どうやら後輩に「こいつら変だ」と思われたようですがキニシナイ。
なんか色々妙なネタの引き出し持ってそうな方です。

小物のオブジェの一個くらい非常に欲しいところだったんですが、そこそこ値段もするし、さっきイリアスで無駄遣いしたとこだったのでここは我慢。ハガキだけ貰って帰りました。
で、帰って作品群とか検索して眺めてたらやっぱり改めて気になってきまして。
あ、そうだ、ちょっとパソコンの不調パーツを買い足しに秋葉に行かないといけない。そうだ今度の週末にでも買ってこないと。秋葉まで行ったら谷中が近いからついでに猫町に寄るのもいいかもしれない。



‥‥ということで毎年冬になると異音を奏でるケースファンの交換部品を買いに秋葉に行ったらいつの間にか手に持ってました。猫七福神から一柱、「びしゃもんてんさま」。

以前の田崎さんが焼き物だったしこの時ちょうど1Fでも猫の焼き物の展示してたため、これも勝手に焼き物だと思い込んでたんですが、手に取ってみたらレジンキャストか何かの樹脂ベースの様子。そーいや造形作家であって陶芸とはどこにも書いてなかったな。
まあ実際に焼き物の作品もあるんですが。猫用骨壺とか。突っ込んでみたら案の定カノプス壺でしたが。
 
 「本当ならアラバスターで作りたかったんですけどコストがねぇ‥‥」

なんとなく陶炎祭で見かけた松本良太氏にもなんか通じるものがある気がします。独特の作風がけっこう好みなので今後とも活動が気になる作家さんになりそうです。



2013年9月10日(火)02:57 | トラックバック(0) | コメント(0) | 物欲(商品レビュー) | 管理

ルピシア グラン・マルシェ 2013 東京

文章を書き上げたまますっかり忘れてましたが、8月17日はルピシア グラン・マルシェ 2013の東京会場の開催日ということで池袋まで行ってきました。
ニケにも声をかけようかと思ったけど子供が保育園から持って帰ってきたおたふく風邪に蹂躙されてしばらく前から開催日当日辺りまでダウンしてたもよう。



いつも通り午前中に予約してたんですが、ちょっと日和って11時~の枠で予約し、電車の都合で11時半頃に着いてみたら会場に入った途端身動き採れなくなるような混雑っぷり。夏休みのせいもあるかも。
やっぱ次からは多少起きるの面倒でも10時~の枠にしておこう、と自分用メモ。

道中わりと暑かった上に試飲コーナー付近の殺人的な混み具合で近寄る気にならないため、試飲会なのにお茶にはあまり手を出さず、ぐるっと場内巡って普段に比べるとわりと早々に会場を後にしました。
夏の水出し紅茶用のフレーバーティーも今夏分くらいストックがあるため、追加の購入もちょっと自粛中。

コバラヘッタこと有料の飲食コーナーはここ最近の流れを継続して非常に充実してます。
前回見かけたポークソーセージやミルフィーユ、フレンチトーストなどが今回もありました。
新製品の「子羊のモロッコ風煮込み~クスクスと一緒に~」というのがちょっと気になったんですが、今回昼食に行ってみたい店が外にあったので間食は我慢。ていうかちゃんと見てなくて「ロコモコ風煮込み」だと勝手に思い込んでました。いや写真がぜんぜんロコモコっぽくないなぁとは思ってたんですが。



ということで今回の戦利品。
ここ最近の定番になってるお土産品のお茶用のクリップは大小のセット。お茶請けはクッキー3個にchamiのパイナップルとイチゴ。

お茶は以前に試飲して以来気に入ってるイタリア風麦茶のORZOのプレーンを。
冷蔵庫で牛乳に入れて水出し(?)するのが香ばしくて好きです。
あとマンゴーのドライフルーツと、前回悩んだけど買わなかったアーモンドのグラッセとクルミのグラッセ。やっぱりあの後ずっと気になってたので。
今回は試食が出ていまして、ちょっと風変わりな甘納豆という感じで美味しかったです。甘さはわりと控え目のあっさりした味。
ドライフルーツおよびグラッセは1袋500円で、よりどり3袋で1200円になってました。

ということで普段以上の混雑っぷりに早々に敗退してきたルピシア試飲会でした。やっぱり昼近くなってくると混みますね。
また夏休みじゃない時期にもうちょっと早い時間帯で。


↓ 過去のルピシア試飲会

 2007年 ・ダージリンフェスティバル ・武夷岩茶フェスティバル
 2008年 ・ダージリンフェスティバル ・グラン・マルシェ
 2009年 ・ダージリンフェスティバル ・グラン・マルシェ
 2010年 ・プティ・マルシェ「大走り」
 2011年 ・ダージリンフェスティバル ・グラン・マルシェ
 2012年 ・グラン・マルシェ
 2013年 ・グラン・マルシェ



2013年9月10日(火)00:42 | トラックバック(0) | コメント(2) | くいだおれ(食記録) | 管理


(1/1ページ)



FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック