おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


シルエット工場 猫七福神

GW明けに本ときのこ展の記事で採り上げた古今東西雑貨イリアスにて、シルエット工場 川口喜久雄氏の作品の企画展示、「小さな店と謎の街」をやってまして。
新作もあるらしいのでちょっと見に行ってきました。 まんまと洗脳 同じく氏の作品を気に入った後輩も同行して。
相変わらず緻密な作品を眺めて猫分を補充してきました。
どうも手を伸ばす商品が同系統に偏ってしまいがちで、似たようなものばかり買ってしまうのが困りもの。



で、近所だしついでだからと以前に田崎太郎氏の個展を見に行ったことがあるギャラリー猫町にも足を伸ばしてみました。
写真は入り口の階段にいた門柱猫。以前はこんなのいなかった気がするんだけど。
こちらについては特にお目当てとかあったわけではないんですが、2Fのギャラリーでまいけるからわた氏の作品展、「まいけるの福もの」をやってまして。
初めて知った作家さんながら和テイストかつコミカルで怪しげな作風がわりとMayugeの好みにクリーンヒット。作家さんの解説を聞きながら作品を眺めてると、作品とは関係なく猫をかたどって複雑に切り抜いた御幣なんかがしれっと壁に貼り付けてあります。

 「‥‥いざなぎ流ですか」
 「あ、そうです。いざなぎ流」

どうやら後輩に「こいつら変だ」と思われたようですがキニシナイ。
なんか色々妙なネタの引き出し持ってそうな方です。

小物のオブジェの一個くらい非常に欲しいところだったんですが、そこそこ値段もするし、さっきイリアスで無駄遣いしたとこだったのでここは我慢。ハガキだけ貰って帰りました。
で、帰って作品群とか検索して眺めてたらやっぱり改めて気になってきまして。
あ、そうだ、ちょっとパソコンの不調パーツを買い足しに秋葉に行かないといけない。そうだ今度の週末にでも買ってこないと。秋葉まで行ったら谷中が近いからついでに猫町に寄るのもいいかもしれない。



‥‥ということで毎年冬になると異音を奏でるケースファンの交換部品を買いに秋葉に行ったらいつの間にか手に持ってました。猫七福神から一柱、「びしゃもんてんさま」。

以前の田崎さんが焼き物だったしこの時ちょうど1Fでも猫の焼き物の展示してたため、これも勝手に焼き物だと思い込んでたんですが、手に取ってみたらレジンキャストか何かの樹脂ベースの様子。そーいや造形作家であって陶芸とはどこにも書いてなかったな。
まあ実際に焼き物の作品もあるんですが。猫用骨壺とか。突っ込んでみたら案の定カノプス壺でしたが。
 
 「本当ならアラバスターで作りたかったんですけどコストがねぇ‥‥」

なんとなく陶炎祭で見かけた松本良太氏にもなんか通じるものがある気がします。独特の作風がけっこう好みなので今後とも活動が気になる作家さんになりそうです。



Sep.10.2013(Tue)02:57 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)