おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


2008年5月を表示

ルピシア ダージリンフェスティバル2008

今年の連休はおおむね去年と同じような布陣。
ということで連休後半初日の3日、去年と同じくルピシアダージリンフェスティバルに。

さて、今回は1時からの会場を予約してあるので、昼前くらいに東京方面に出ておいて少し早めに昼食を摂り、ひと休みしてから試飲に、という計画を立ててたんですが目が覚めたら乗るつもりでいた電車の発車時間10分前。はやくも計画瓦解。

そして「午前中は多少雨、午後にはおおむね回復するんじゃない?」という予報に反し、駅に向かってる途中から、ほとんど横から吹き付けるような豪雨が。ていうかワイパー動かしても前が見えないんですが。さっきまでただの曇りだったのに家を出た途端これって、何かの祟りか(自業自得)。

ということで出遅れた分昼食を省略して会場に行ったら予約の10分前くらいに到着。例によって駅から先はルピシアの紙袋持ってる人を見つけて逆に辿っていったらそこが会場。

今回はどういう訳かむやみに会場内に子供がいまして。去年とか秋の武夷岩茶のときはそうでもなかったと思うんですが。
今年は連休を大型にしにくいから、近場で済ませる人が多いのか、それともどこかの子育て雑誌でも取り上げやがったんですかねぇ。

お茶請けのお菓子が置かれるテーブルはどこも子供が常に張り付いていて、補充がある度に容器に両手突っ込んでごっそり持って行くため、会場では常にお茶菓子が不足気味。
連休のお出かけを手近で済ませた上に、欠食児の昼ご飯をイベントのお菓子で済ませようとしてるちゃっかり母さんがいないか。デパートの試食コーナーにでも放り込んでこい。

…時間帯が悪かったんだか何なんだか。

さて、お茶の方は例によって農場ごとにまとまって並んでまして、今年は40種ほどが試飲できるようです。
まずは入り口に近い方から順に時計回りに。去年と同じようにお茶の味と香りをチャートにした表など眺めつつ片っ端から味見。

けっこう去年と印象が違うお茶なんかもありますね。ゴパルダーラは去年試飲したときはものすごくスモーク香が強烈で、やたらと印象に残ってたんですけど、今年はそこまでの破壊力はありませんでした。いや、お茶に破壊力は無くていいんですが。
同じ農園の同じ銘柄でも、けっこう年ごとに変わるもんなんですかね。

今回気に入ったお茶は、

ええと、会場でメモってた冊子が見つからないんですよね。おっかしいなぁ…。

たしかシンブーリが去年に引き続き好みだったのは記憶に残っています。あと、ルピシアのオリジナルブレンドであるダージリン・ファーストフラッシュ 2008が安定した仕上がり。これまた去年もわりと良かった記憶があります。まあそういう風にブレンドしてるんだから当たり前だと言ってしまえばそうかもしれませんが。

人気投票ではダージリン・ファーストフラッシュ 2008プレミアムの方が人気なようななんですが、Mayuge的にはプレミアムじゃない方が印象に残ってます。舌が庶民的。

どうでもいいことですが、場内でお茶菓子が不足気味だったため、新しいお茶菓子の補充がある度にお客が詰めかけまして、トレイを持って移動中のスタッフが水族館の魚餌付けショーのようになってました。
ものすごい勢いで人がたかって進めなくなり、その間にどんどんクッキーが持ち去られて設置場所までたどり着く前にトレイの中がおおむね空になりかけてたり。

歩みをゆっくりにしてもはや移動型クッキー配布台と化してるスタッフもいる中、一人だけ有無を言わせないスピードで歩み去り、移動中は一切クッキーに手を触れさせない迫力の女性スタッフがいまして。田中芳樹風に表現するなら「群衆の海を、熱したナイフでバターを切り裂くがごとく易々と」突破していくさまはまさに三国無双。Mayuge内で「呂布女」と勝手に命名。

お茶請けのクッキーは目視で確認したのは5種くらい? 争奪戦を乗り越えて試せたのは、ルバーブジャムをプレーンな感じのクッキーでサンドしたもの、胚芽入りのレーズンクッキー、ピーカンナッツ入りっぽいクッキー、ハーブの葉っぱを混ぜ込んだクッキーの4種ほど。
ルバーブジャムをサンドしたクッキーの、クッキー部分がサクッと口当たりが柔らかく、バターの風味も豊かで非常に美味しかったです。ジャムの酸味がむしろ邪魔とか言ったらダメですか。いや、これはこれで悪くはないんですが、このクッキー部分だけで売ってたらそちらを買います。
胚芽レーズンは甘み控えめで素朴ですがなかなかいいです。お茶相手に強く主張しないという点も含めて、試飲会にはいちばん向いてたんじゃないでしょうか。
ハーブ練り込んであるやつは…。…これは一体どうすれば…。
なんだろう、ローズマリー?っぽいのが練り込んであるんですが、これがとにかく主張しすぎて何が何やら。
これ食べた後に紅茶試飲してもなんかハーブ味。歯の間に破片でも残ってるのか、いつまでも口の中がハーブ味。
なんとなくパッサパサのAAを思い出す事態に。ハーブ味で。



会場を出るときに貰えるお土産品はお茶各種の試飲パックと特製マグカップ。
お試しティーバッグが種類が去年より増えてるのが地味に嬉しかったりしますが、マグカップなんか全員に配ってて大丈夫なんだろうか。茶葉といいお土産といい、試飲会にどんだけコストかけてるのか気になります。

あと、会場でお茶請けに出されてたクッキーを売ってたので、試せなかったクッキーが含まれてる方のセットを購入。
会場のクッキーはどうやら全部で6種類あって、試せなかったのはクリームチーズクッキーとブラウンクッキーだった様子。この2種と、素朴な味わいがけっこう良かったレーズンと胚芽のクッキーがセットでパッケージされていたのでこちらを。

香りの良いダージリンティーを色々試せて、相変わらず良いイベントでした。あまりお金落としていってなくて申し訳ない限りですが。

あと、無料でさんざ飲み食いしておいて非常に恐縮なんですが、あのハーブ味クッキーだけはいかがなものかと思います。
いや、好きな人もいるんじゃないかとは思いますが、紅茶の試飲には向いてないのではないかと。



2008年5月30日(金)00:42 | トラックバック(0) | コメント(0) | 徒然(日記) | 管理

Mira3

つくばのインドカレーの店としては古参らしく、方々の評価の高いIndian Restaurant Miraですが、店自体が分かり難いことに定評のある1号店、植物園の隣で説明しやすい2号店に引き続き、このほど新たに3号店ができたらしいという情報を得ました。
このほどって言っても半年くらい前だったかもしれない。

1号店と2号店が比較的近い範囲に収まってるのに対して3号店はずいぶん遠くにあるため、多少気になりつつも今まで行ってなかったんですが、Miraは1号店と2号店でそれぞれカレーの味が違いつつどちらも美味しいので、いつか3号店も試しに行こうとは思ってたんですよね。

ということで四月中ばの日曜、昼頃に自宅を出て行ってきました。運動と散歩を兼ねて自転車で。
土曜が天気がよくて気温も高かったので油断してわりと軽装で出かけたんですが、なんか本日は天気もイマイチで妙に気温が低い、っていうか寒いんですけど。もう一枚着て出ればよかったなぁとか思いつつ自転車で移動。

店自体はわりと大きい道に面していて、周辺に遮蔽物もなく簡単に発見。
ていうか瓦屋根? 店内のカウンターの形状等から察するに、この建物は以前はラーメン屋だったんじゃないですかね。

店に到着したのは2時前くらいだったため、昼食を食べに来てる客はある程度はけてるだろうと思ってた(というかそのくらいを狙って行った)んですが、どうやらご近所の方々がランチ集会を開いていたらしく、6組ほどの夫婦と小学生くらいの子供で座敷席がびっしりという感じ。インドカレーでランチ集会というのも意表を突いてますが、インドカレー屋に座敷があるという事実にもびっくりです。

まあランチ集会はすでに食事も終わってだべりモードに移行してるし、他にはすでにカレー食ってる客が一組いるだけだから問題ないだろうとメニューなど検討開始。


ランチメニューはMayuge記憶(うろ覚え機能内蔵)によると多分NewMiraに準じてる感じ。
カレー一品にナンorライス、サラダ、ドリンクがセットになった通常ランチがカレーの種類ごとにA,B,C…という感じで何種かあり、さらにカレー、ナン、ライス、スープ、サラダ、ドリンクの日替わりセットが4種類くらい。あとはカレーが複数になって肉系サイドメニューが付いてるレディースセット、Mira3スペシャルセットなどがありました。

この他にキーマチキンカツカレーセットというのがありまして、サフランライスを使った日本的カツカレーなシルエット。本格インドカレー屋でカツカレー見たのは初めてかもしれない。スープ、サラダ、ドリンク付き。

とりあえず今回は色々試すためにMira3スペシャルセット注文。カウンター席に座ったので厨房が目の前でした。中ではインド人シェフが2人忙しく動き回ってナンをどんどん焼いたりカレー作ったりしています。

ていうかお昼時も過ぎてるのにどんだけナン大量生産してるんだって思ったら、どうやら先客のランチ集会ファミリーがみんなで揃ってテイクアウトを注文しやがったらしく、カレーもナンもどんどんテイクアウト用にパックされていきます。あー、こりゃしばらく私の注文の分は来ないな。

ひとまず先にスープとサラダが来たんですが、揃ったところでまとめて撮影したかったのでそのまま待機。



そんなわけで忘れかけた頃にカレー到来。サグチキンカレー、ダールカレー、タンドリーチキン、ガーリックティッカ、シークカバブ、ナン、ライス、サラダ、スープ、ドリンクのセット。タンドリーチキンとガーリックティッカ、シークカバブは別皿で少し遅れてきたんですが、ナンがすごく焼きたてで冷ますのが惜しかったので、そっち待たずに食べ始めることに。

スープはいつもMira系列の店で出てくる、外見味噌汁っぽいけど味噌味じゃなくて微妙にスパイスっぽい謎スープ。シーフード入り。サラダは普通のサウザンアイランドドレッシングのようです。
写真でカレー色の方が豆主体のダールカレー、緑色の方がおろしほうれん草ベースのサグチキンカレー。
中辛で注文したんですが、どちらも辛さはそれほどなく、味的にはNewMiraの方に近い気がします。
そしてナンが目の前の厨房で焼き上がってそのままカウンター越しに届いただけあって、触れないほどのの熱々。おっちゃんさっきこれどうやって取り出して皿の上に置いたの?
無論フワフワパリパリで溶かしバターも効いていて文句のあろうはずもなく。



厨房にタンドリー窯が据え付けてあるので、カウンターに座ると、ナンを伸ばして窯に貼り付けたり、りシークカバブを棒に巻き付けて窯に入れたりしてるのが目の前で見られるのもちょっとお得感があります。
窯の上にある金属製のくぼみはいったい何だろうと思ってたら、ナンの仕上げにかける溶かしバター用の保温器でした。

ということで後半戦。シークカバブ、ガーリックティッカ、タンドリーチキン。
シークカバブがジューシーかつスパイシーで、個人的には本日の料理で一番の高得点。
残りの赤いのと白いの、どちらがタンドリ-チキンでどちらがガーリックティッカか判りません。なんか以前にもこんなことがあった気がする。タンドリーチキンの仕込みにもニンニク使うしなぁ。
どっちがどっちか判らないけど両方美味。炊きたての白いご飯に合いそう。

ていうか美味しいんだけどこのセットはちょっと量が多かったかも。胃が苦しいんですが。

ということでMira3、Mira系列らしい本格インドカレーが食べられる店でした。味はNewMiraに近いんじゃないかなぁというのがMayugeの印象。辛さは控えめ(ただし、NewMiraと同じ系統とすると、中辛→辛口の間にかなり極端な変化が起こる恐れがあります)。
インドカレーを使用したカツカレーというのは多分他のMira系列店には存在しないので、次回来ることがあればこれを試してみたいところ。
難点はMayuge自宅から遠いってことですな。


 Mira Indian Restaurant 3

  営業時間:  平日11:00~15:00、 17:00~23:00
         土日11:00~23:00

  TEL:  029-847-7003

  茨城県つくば市今鹿島4015-1





2008年5月22日(木)20:51 | トラックバック(0) | コメント(0) | くいだおれ(食記録) | 管理

きになるもの

最近、よく行ってるスーパーにちょっと気になる商品が置いてあります。

  おから入り豆乳ドリンク

…それは、
単なる煮豆の潰したやつでは。

もしくはきなこの水煮。



2008年5月18日(日)14:56 | トラックバック(0) | コメント(0) | 徒然(日記) | 管理


(1/1ページ)



FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン