おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


物欲(商品レビュー)

きのこのフェーヴ

きのこグッズなど検索してるとしばしば目に入るアイテムとしてきのこのフェーブというのがありまして。フランスで焼き菓子の中にアタリとして仕込む陶器の玩具です。
なんかそんな話を子供の頃に童話で見たような気がするんですが細かいとこ思い出せません。

数年前から存在は知っていて、わりと小さい細工物好きなMayugeの心にはヒットしてたんですが、なかなか取り扱ってるところもなくて諦めてました。
で、数日前、たまたま検索でフェーブなつじかんにて在庫があるのを見かけたのでセットを購入。
2種あったんですがリアルなデザインのこっちが気に入ったのでこちらだけ。

ということで到着したので収録。
よくあるボトルキャップのマスコットよりもさらに小さいようなサイズで、かなり精巧にできてて、しかも陶器製というレトロ感がなかなか満足度高め。
ぱっと見ただけでもヤマドリタケ、アンズタケ、ベニテングタケ、ササクレヒトヨタケ、クロラッパタケ、カラカサタケ、ホウキタケ、アミガサタケ辺りではないかと予想が付くほどによく特徴が捉えられています。左上の黄色いのも知ってそうな気がするけどなんだったか思い出せません。
いや他のも合ってるかどうかチェックはしてませんが。
とりあえず写真撮るためにサイズ比較に手頃そうなものを探した結果、ちょっと懐かしい旧500円硬貨があったのでこれで。

べつに何の使い道もないんですがPC前に並べてます。




その後、桐箱を買ったので改造して収納



Feb.5.2013(Tue)02:21 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin

Fiiiiish Bookmark

メリー半額チキン。(挨拶)

ブックカバーとかしおりとか加工してた関係で、ここのところ読書周りのモノの物欲が高まってまして。
たまたま見かけたBook Dartsという商品を衝動買いしたあと、その検索結果から読書用品の専門店というちょっと毛色の変わった店、BIBLIOPHILICに行き当たりました。
実店舗は新宿にあるとのことで、先日チキンカツ食ってたのはこの店を見に行ったついでです。

で、まんまと革のブックカバーとかこの店のロゴ入りの限定Book Dartsとか買わされて帰ってきました。目つきの悪い黒猫のロゴが可愛い。
しかし通販コーナーで見て気になってたFiiiiishの栞が売り切れてたため、結局また改めて検索し、見つかったショップで通販。



ということでそのFiiiiish Bookmark。
いやにリアルな魚の頭とか尻尾が本の上から飛び出るイロモノしおり。

本棚にこれが刺さった本が並んでるとなかなか妙。



Dec.25.2012(Tue)23:38 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin

またキノコはんこ追加

しばらく前からキノコのスタンプを買い集めてるのはお伝えしてますが、キノコとオウムガイのハンコを買った「森の人工房 Orang de Utan」さんから新作案内のメールが来まして。

見に行ってみたところ、リリースされた中に新しいキノコスタンプがあったので購入。
前回は全部(小)で揃えて購入したんですが、コレクションに小さいハンコが増えてきたので今回は(大)で揃えてみました。あとキノコではないけどちょっと気に入ったツタと、新作ではないけどこの前買ったタマゴタケのハンコの(大)も一緒に。

ということで左からタマゴタケ(大)、テングタケファミリー(大)、オチバタケ(大)、ツタ。
以前同様、表の見本は印刷ではなくレーザー刻印されていてちょっと高級感があります。
タマゴタケは下に押してあるのががこの前買った(小)サイズ。ちなみにハンコ本体は(小)だと麻雀牌くらい、(大)だとZIPPOライターくらいのサイズ。やっぱり(大)サイズの方がせっかく再現してある傘の縁などのディティールも見やすくていいかも。
オチバタケは色違いのハナオチバタケらしきものを職場で見かけたことがありますが、ひょろっとした幽霊みたいな雰囲気がよく出てます。押してみて思ったのは、このキノコは逆に(小)のハンコにした方が実物大に近くてそれっぽかったかも。
(小)も買い足してしまおうかちょっと悩みます。
ツタは並べて押して何かの枠とかに使えそうですが、まだ用途は未定。
テングタケは好きだから理由は無くても買うものです。

この工房のきのこハンコは枠線のみの白抜きでデザインされてるので、押した上から彩色するのもよさそうです。

あと、ショップで作品一覧とか見てると、サムネイルでプードルとかがキノコに見えて困るんですが



Dec.12.2012(Wed)23:25 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin

ドロッセル(チャーミング版)ジョジョ立ち

以前、ハムさんにそそのかされてドロッセルお嬢様のfigmaを衝動買いしてジョジョ立ちさせてみた牙突ポーズ構えさせてみた椅子ペーパークラフト作ってみたりしてたことは書きましたが、おかげさまで「ドロッセル ジョジョ立ち」というようなキーワードで検索してくる方がちらほら訪れてます。ついでに「ドロッセル エロ」で検索してくる人もけっこういますが当方では取り扱っておりませんので。おおむねタキファのせい。

で、続編のファイアボール チャーミング版のドロッセルfigmaがいつの間にやら出てたようで、先日、他の用事でamazonを利用したついでになんとなく注文しました。

続編はストーリーは直には繋がってないようで登場人物(?)のデザインが一新され、ドロッセルは全体的に装甲が減ってメカメカしくなりました。おかげで可動域が広がって同じ椅子に座らせても以前と比較して特に足周りなどの柔軟性が段違い。

あと、装甲が途切れて内部の機械なんかが見えてたり足が無かったりと人間らしさが減ってるにもかかわらず妙にエロい雰囲気で不思議。
色っぽいメカというと空山基氏が連想されますが、あの「いかにも女体!」って感じの機械とはまた一線を画してますね。
ていうか空山基氏の作品は中学生くらいの頃にエアブラシを使った金属の質感の表現に衝撃を受けた記憶があるんですが、今回なんとなく検索してみたら作風がメカニック女体からハードSMエロ絵描きになってて何があった。



ということで今回もジョジョ立ち。
デザイン変更に伴って間接周りの装甲が減ったため、旧版ドロッセルよりかなり可動範囲が広がってます。膝なんか正座ができるほど。

あと、まさか開発陣がうちのBlogを見たわけでもないとは思いますが、ジョジョポーズの独特の雰囲気を出すための重要なポイントとなる肘と手首の可動範囲が素晴らしく広くなっていて高品位。迫力の完成度
腕に関しては人間に可能な動きはほぼ再現できるんじゃないでしょうか。おかげで旧ドロッセルでは不可能だったこのポーズが可能に。



こっちはなんかジョジョ立ちというより犯行現場を目撃された泥棒っぽいですが。
どこが悪かったんだろう。
ジョジョ立ちさせたとき、頭が大きめで手のひらと肩幅は小さいため、シルエットとしていまいちキレが出ないのが惜しいところ。まあこの辺はfigmaの出来ではなく元のドロッセルのデザインの問題ですが。
おかげで今回はもっとも定番であろうジョジョ立ちがさっぱり絵にならなかったので没。相変わらず評価基準がジョジョ立ちなのがおかしいですか。



あとネタ検索してたらチョコレート・ディスコのポーズがちょっとよさげに見えたんですが、再現してみようとしたところどっちかというと「死刑!」みたいになりました。どこがいかんのだろう。
指パーツは人差し指だけ立てたやつが付いてなかったので可能な範囲で。
あとこの辺S.B.R.本編読んでないので流れを知りません。

ということでなんか文句が多い感じに見えるかもしれませんが、可動範囲、再現度、ラインの美しさともにfigmaは良い出来でした。
しかし今回何が一番驚いたかって、前回figma買ってからすでにもう3年も経過してたってことに驚愕しましたが。



Nov.18.2012(Sun)04:14 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin

キノコスタンプ(亜鉛)・微生物スタンプ

キノコのはんこ買ったり作ったり妙なキノコグッズ買ったりが平常運転となりつつありますが、アクセスログから逆に辿った画像検索を眺めてたところ、見覚えのないリアルタッチのキノコハンコがあるのを見つけまして。
Mayugeの脳内に市販のキノコハンコのデータベースができつつあります。

ということで標本や実験器具などをファンタジー小物っぽく取り扱われているきらら舎さんのスタンプコーナーに漂着。
ゴムだけでなく亜鉛板のスタンプなどというナイスレトロな感じの小物もあります。あ、クラゲ売り切れてるチキショウ。

写実的な絵柄も好みで亜鉛という素材感に惹かれたこともあり、ハンコになってるのは初めて見たカブラテングタケを即購入。
ていうか全体的にラインナップもマイナー狙いな感じが。
下の方にずいーっとスクロールしていくと結晶のハンコなどという使い道の分からない商品群も非常に魅力的。いやキノコなら使い道があるのかと言われたらちょっと困りますが。
ほぼ売り切れなのが残念なところです。
ここはぜひトラペゾヘドロンもラインナップに。名目上は柘榴石結晶で。

ついでに一番下にいた微生物ハンコを購入。
ミジンコ、ゾウリムシ、ミカヅキモの3種。
今回はスタンプのみ購入しましたが、どこまでが本当なのかわかりにくい説明の付いた鉱物や化石標本など、他の商品もなかなかユニークで魅力的です。

ちなみに亜鉛板のハンコは薄い亜鉛版に彫られたスタンプがアンティーク調の黒っぽい木片に接着してあります。
写真のは白インク使った後なので断面の色合いが素材不明な感じになってますが。

写真の一番左にあるベニテングタケっぽいのはきらら舎ではなく、近所の文房具コーナーで売ってたスタンプ。
せっかくなので一緒に収録。



とりあえず活用先として文庫本ブックカバーにキノコ。
ブックカバーは無印良品のジーンズのラベルの素材シリーズのやつ。革っぽい見た目で強度もそこそこ、コストパフォーマンス良。ちょっとごわごわしてますが。
上に乗ってるキノコ栞は数年前に中華街行ったときにKinari横浜店で買ったアクセサリーパーツから自作。栞本体部分の金属パーツはどこかその辺の自作アクセサリパーツのショップで購入したもの。葉っぱかなんかもうすこしパーツ足してもいいかもしらん。



あとついでにキノコグッズつながりでこの前衝動買いしたキノコ型ドアストッパー。
ヤマドリタケっぽいずんぐりしたシルエットが可愛いです。
購入は新宿の東急ハンズ。

自宅にはストッパーが必要なドアがないので職場に持ち込んで使用中。




その後、栞がよく抜け落ちるのでブックカバーと栞をチェーンで繋いだりハンコ足したり追加作成したり



Oct.4.2012(Thu)00:33 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin

Erzi木製きのこ

先日、なにげなくキノコサイトなど巡回してたところ、ちょっと良い感じの木製キノコが目に止まりまして。
そのまま画像検索から同じものを探し出して何者なのか調べた結果、木製の子供向けの玩具を作っているドイツの会社、Erziのままごと道具の様子。
検索したら輸入販売してるネットショップがいくつか出てきて、値段も数百円くらいだったのでさっそく購入。

‥‥してから2週間ほど経過し、商品が到着しました。
どうも在庫は持たず、注文があってから調達するタイプのショップだったらしく、注文を受けたら次の金曜に発送するとか書いてありまして。注文したのが金曜の深夜だったため、まずここで自動的に一週間待ち。翌金曜日になって、調達が見込み通りいかなかったので発送はさらに翌週になるというメールが来て、忘れかけた頃の到着となりました。あとで見たらちゃんと在庫数も表示してるショップもあったし、次からショップ選びはちゃんと在庫持ってるとこチェックしようと思った次第。
対応自体は悪くなかったんですが。



右端のが最初に見て気に入ったものなんですが、どうにも見た感じテングタケ。ままごと道具に毒キノコがあるのってどうなんだ。Mayugeは知りませんが、ヨーロッパではメジャーな食用キノコでこういう容姿のがあるんでしょうか。
それとも他の食材に紛れ込ませておいて子供がこれを使おうとした途端「まてぇ~い!」とか叫びながら突き飛ばし、「危ないところだったな!これは毒キノコだ!」とサバイバルごっこをするためのアイテムなんでしょうか。
使い道はさておき、つばまで再現してあってなかなか良い出来映え。残り二つはショップでErziの商品眺めてたらあったのでついでに。ブラウンマッシュルームとヤマドリタケでしょうか。
彩色をおさえて生成りな感じに仕上げた質感がなかなか良い雰囲気です。

とりあえずサバイバルごっこのアテは無いので先日のきのこ型スパイス入れと一緒にトレイに乗せて装飾用に。



Jun.19.2012(Tue)00:52 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin

キノコはんこさらに追加

キノコのハンコを衝動買いしたり消しゴムで自作したりして以降、アクセスログなど眺めてると「きのこ はんこ」などで検索してくる人もけっこういる状態でして。
で、検索結果の方を逆に眺めてたらまた新たにリアル系キノコのスタンプを作ってる店を見かけたのでさっそく注文しました。
森の人工房 Orang de Utanさん。

テングタケ、タマゴタケ、ヒトヨタケの3種を小で。
同じ絵柄で大もあるようです。

あと、オウム貝のスタンプも小を1個。オウム貝もわりと好きなので

描き込みが細かいので大きさの感覚が分かりにくいですが、それぞれ麻雀牌くらいとけっこう小さめです。

台木の表面の柄は印刷ではなく焼き付け。レーザーか何かでしょうか。絵柄の写実的なタッチといい、この加工といい、なかなかこだわりが感じられます。



May.23.2012(Wed)01:57 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin

きのこ調味料入れ

週末、買い物に行ったら目的と違うところでキノコ型の調味料入れに遭遇して衝動買い。
シルエットがヤマドリタケ系のキノコをリアルに再現しつつ可愛らしくて非常に良い出来。
ヤグラタケっぽく小さいキノコが上に乗ってる方が七味入れで、素の方が楊枝入れになってます。
この他に塩、コショウなど用を意識してるらしい色違いの調味料入れがあったんですが、頭に穴が空きっぱなしになってるタイプのため敬遠。埃とか入ったり湿気たりしそうで。
で、楊枝入れを改造してコショウ入れにすることにしました。



ということで自宅にあったダイソーの24mmφ丸棒がおあつらえ向きのサイズだったのでこれを使用することに。適当な長さで切り、ヤスリで少し斜めに削って口にはまるように調整。
さらにピンバイスで適当に穴を開けて完成。



だいたいこんな感じで楊枝入れがスパイス入れに。
あと、しばらく前から拉麺胡椒に惹かれたんですが、どうも近所で売ってるのを見かけないため、白コショウにガーリックパウダー、オニオンパウダーを配合して自作してみました。2:1:1くらいで適当に配合してみたら思った以上にそれっぽい香り。
同じ系統でチャルメラに入ってる謎のスパイス小袋も好きなんですが、アレに近づくためにはまだ何か足りない感じ。

ということで自作ラーメンコショウ入れとして使用することに。
七味入れの蓋はネジが切ってあるんですが楊枝入れの蓋はかなりゆるゆるなので、そのうち接合部にタコ糸でも巻いてちょっとしっかりはまるようにしようかと。



Mar.29.2012(Thu)02:22 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin

きのこスタンプ追加

先日、帰省したついでに京都でキノコのスタンプとか衝動買いした話は書きましたが、アクセスログにさっそく「キノコ スタンプ」の検索などから来る人が引っかかりまして。
で、他にどんなとこがあるんだろうと検索結果を見てたら雑貨の通販などでいくつかキノコのスタンプを発見。意外と色々あるな。

マンガっぽいタッチのはけっこうあるんですが、写実的なタッチでまず目に付いたのがRhythmさんのはんこコーナーにあったもの。

このデッサンのようなリアルタッチのスタンプは扱ってるオンラインショップがいくつか引っかかったんですが、Mayugeが探した時点で4種揃って売ってるのはこのお店だけでした。ということで衝動買い第二弾。

左から順に、ハツタケ、トガリアミガサタケ、ツクリタケ(マッシュルーム)、ベニテングタケといったところでしょうか。
ちょっとサイズ大きめのスタンプ。



さらに検索してるとKemonossさんにてまた別の写実的キノコスタンプ発見
そのまま流れるように衝動買い。
ちょうど某試験の直前で現実逃避気味だったのも影響してるかと思われます。
これは左がタマゴタケ、右がテングタケでしょうか。
写実的ではありますがタッチは先ほどのものと比べて線画的でシンプル。
こちらはやや小さめ。



ついでにKemonossさん内をはんこ以外でも検索したところ、きのこノートなるものを発見。
手帳サイズで真っ黒の表紙の上にトレーシングペーパーのような半透明の薄紙があり、めくると黒字に白でさっきのスタンプと同じテングタケのイラスト。
めくってる写真は裏表紙にあった別バージョンのテングタケ。
で、中身はクラフト紙っぽい素材の紙に白で各種キノコ柄が印刷されてます。

見たところ、先ほどと同じテングタケの他、カラカサタケ、ササクレヒトヨタケ、ヤマドリタケ、アワタケ辺りかなーという感じ。



そしてこないだのも含めてキノコサイズ順に並べてみました。
一目見て種類がある程度絞り込めるくらいにはリアルなタッチとはいえ、制作者ごとにデフォルメ具合の特徴が出ていてなかなか面白いです。

で、明らかにマンガ風のキノコのスタンプはけっこうあるけど写実的なキノコのスタンプはなかなか無いなぁ‥‥とか思いつつ「キノコ はんこ」で画像検索など掘り進んでると、無いなら自分で作ってしまえとかなり力作な感じのリアルキノコ消しゴムハンコなど作成してる方がいるのを発見。
あー、その手があったか‥‥。

ちょうどリアル用件が一段落して余裕があるところなので本当に作り始めてしまいそうな気がしなくもない。



Oct.5.2011(Wed)02:38 | Trackback(0) | Comment(2) | 物欲(商品レビュー) | Admin

キノコスタンプ

先日、帰省のついでに京都市内をウロウロしてたことは少し触れましたが、そのついでに妙なもん見つけて購入。
田丸印房さんのスタンプ。

Mayugeがキノコとかわりと嫌いではないのはBlogに軽く目でも通せば瞭然かと思いますが、実はクラゲとかもわりと好きです。淡水クラゲがその辺で拾えないかなぁとか日々考えたりしてます。

もともとは寺町を歩いてたら店頭に置いてあった時代物スタンプが、というか織田信長が「でかした!」と言ってるスタンプが目に止まったんですが、足を止めてみるとこっちの妙にリアルなタッチで描かれた動植物シリーズの方が断然気になってきまして。この他にも気になったものは結構あったんですが厳選してクラゲ、マツタケらしいキノコ、わらび、ヒトヨタケの一種っぽいキノコの4点を購入。

現在職場や自宅の色々なものがキノコとかクラゲまみれになってます。

あと、職場の後輩が気に入り、この後輩の実験ノートとかがMayuge以上にキノコクラゲまみれになってます。



Sep.12.2011(Mon)00:56 | Trackback(0) | Comment(0) | 物欲(商品レビュー) | Admin


(3/4page)
Top 1 2 >3< 4 End