おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


土浦全国花火競技大会 2015

10月3日は毎年恒例の土浦全国花火競技大会でした。
Blogでは2006年2007年2008年の様子なんかを収録してまして、去年ちょっと久しぶりに見に行ってはいたんですが何となく収録しそびれてました。
ということで今度は忘れないうちにちょっと掲載。

当日の道路利用のルールが以前と変わったのか何か知りませんが、このところ花火が始まる時間帯になっても車がダラダラと現地周辺に侵入してきてる気がします。まあ渋滞で進んじゃいないんですけど。
ということでそんな中に巻き込まれるのもバカバカしいので今回は自転車で。



パンやおにぎり、飲み物などを適当に買い込んで薄暗くなりかけた頃から土浦に向けて移動開始。
途中、このまま道路沿いに進むと打ち上げ地点付近のいちばん混んでそうな場所に出てしまいそうだったため、Googleマップで迂回路を適当に見繕って進んでみました。ところがこの道が画面上はそこそこ広い道路っぽく描画されてるのに実際にはじわじわ道幅が狭まっていき、最終的には車一台ギリギリの幅しかない未舗装の砂利道というか轍が森の真ん中を突っ切っているだけという有様に。周囲は街灯はおろか民家の明かりも無し。
最近はスマホのマップやナビのアプリがそこそこ実用レベルになってるのでカーナビを付けてない人もけっこういますが、おそらくそういう人々が同じく騙されてさっきから自動車でこっちの道にぽろぽろ入ってきてます。そして前方には花火見物道具を両手に抱えてゾロゾロと会場に向かう家族連れ歩行者。脇に避けるようなスペースもないため車も歩行者のペースに合わせるしかなく、引き返すこともできない林道の中でこれまた大渋滞。迂回した意味ねぇ。まあMayugeは自転車なので歩行者の隙間を縫って先に進めましたが迂闊な抜け道に入ってそのまま詰まった自動車の人南無。そろそろ花火の音聞こえてきましたよ。森だから何も見えないけど。



ということで混雑してる打ち上げ地点付近は避け、田んぼが広がってる辺りの交通量が少ない道っていうか違法駐車場と化してる農道で障害物が少ない場所を見繕って花火見物。
持参した折りたたみ椅子で飲み食いしつつ三脚にセットしたカメラで時々適当にセッティングを変えながら撮影してました。



あとは創作花火部門でブーケをかたどってるらしい花火がそこそこそれっぽく写ってたので掲載。

創作花火は写真に撮ってもなかなかそれらしく写らないですね。
こういうのは動画で撮っておけばよかったんだと数日経ってから気付きました。



カメラの設定はわりと当てずっぽうで適当にやってるので、帰ってから整理してみたらなんか空爆の写真にしか見えないようなものもけっこう混じってます。


Oct.22.2015(Thu)21:14 | Trackback(0) | Comment(0) | 徒然(日記) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)