おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


西陣 鳥岩楼(親子丼)

嵯峨野をウロウロしたあとはちょっと遅めの昼ご飯に。
行き先は西陣 鳥岩楼
ここは本来は地鶏の水炊きの店で、普通にコース6000円とかいう気軽にそうそう入れるような店じゃないんですが、ランチタイムには親子丼を800円で出しており、名店の味と雰囲気をお手軽に味わえるというサービスをしています。
この親子丼が評判ということで、今やネット上の情報ではこちらの方がよく出てくる勢いとなっています。げふ会in京都の際のランチ計画ではこちらもわりと有力候補として挙がってたんすが、ニケの心が一本うどんの方に強めに働いていたため。

さて、鳥岩楼の親子丼タイムは12:00~14:00ということで、昼はかなり混むとのこと。そこで12:00には着いておくくらいの予定でいたんですが、嵯峨野一帯をウロウロしてるうちにちょい出遅れたため、逆に時間を遅めにすることに。まあそれもあって墓石を見る気もないクセに化野とか回ってたとかいう事情もあります。

と思ったら化野の山奥具合を甘く見ていたらしく、鳥岩楼到着は13:50すぎ。ダメモトで暖簾をくぐってみたところ「大丈夫ですよ。お二階へどうぞ」との声。ええと、二階へはどこから?
二階へ上がってみるとMayugeの他にも遅めの昼食にしてる客が3組ほど。



ということで親子丼。
お昼は親子丼のみの営業なので何も言わなくてもこれが出てきます。
丼はわりと小振りで、普通の定食屋や丼ものの店だと小とされるくらいのサイズ。しかしご飯に対して具の比率がかなり高めなせいか、見た目の印象より満足感があります。トロっとした食感の卵がたっぷり分厚くかかってるのはいいですね。上に落としてあるウズラの生卵もとろりとした食感と舌触りに一役買ってます。
あと、この店の親子丼には薬味としてあらかじめ粉山椒がかかっています。Mayuge的には今まで親子丼には七味唐辛子かと思ってたんですが、山椒もなかなか合うということを今回初めて学習しました。

横に付いてる白い液体は鶏ガラのスープ。親子丼がピックアップされがちですが、むしろこのスープがこの店の本領発揮ではないかという気がします。臭みもクセもないあっさりしたスープなのに、こってり豚骨のような濃厚なコクがあるという他では味わえない一品。
「地鶏水炊きの名店の味をお手軽に」というコンセプトから考えても、このガラスープをこそしっかり味わって帰るべきなんでしょう。


さて、食べ終わる頃には客はMayugeと、あとほぼ同時に来た二人のみで、店員さんもお昼の営業は終了モードな雰囲気。上がり口んとこまで戻っても誰もいないんですが。
通りかかった感じでお見送りの体制に入ってる人に支払いをしようとしたところ、「あら、まだいただいてませんでした?」とのお言葉。最近の関西では店員自ら食い逃げをそそのかすのが流行ですか?



 西陣 鳥岩楼

  所在:  京都市上京区五辻通智恵光院西入ル五辻町75
  電話:  075-441-4004
  営業:  12:00~20:00(ランチ14:00まで)・木曜定休





Jul.11.2009(Sat)01:07 | Trackback(0) | Comment(0) | くいだおれ(食記録) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)