おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


ヤマドリタケモドキのパスタ

いや、ちゃんと生きてますよ?

バター炒め食べても腹痛とか起こさなかったんで、残りのキノコも処理。

ていうかバター炒めが美味しかった時点で「スライスして乾燥させれば保存できる」という記述を見て、とりあえずスライスして新聞紙の上に並べてたんですが、ここんとこ天気悪いし天日干し出来そうにないので一気に使い切ることにしました。

ということでまずは適当な大きさに切ってみました。キノコは食用にするにはやや育ちすぎ気味だったため、柄の内部がスカスカになってしまっていたので、主に傘を調理。あと、傘も管孔部は消化が悪いらしいということで除去したら、可食部がは半分くらいに。べつにそこまで気にする必要もないかなーとは思ったんですけどね。
肉質はきめの細かいスポンジかマシュマロみたいな感じで、かなりフワフワしています。



そしてニンニク、ハム、タマネギ、ニンジン、ピーマンを適当に切って、キノコと一緒にバター炒めに。味付けは塩コショウのみで。
キノコは油に触れるとすごい勢いでしぼんでしまい、他の具の間に紛れてしまいました。

で、具を炒めつつパスタを茹でておいて、茹で上がったら具と絡めて適当クッキング完成。



何となくそれっぽくなりました、ヤマドリタケモドキのパスタ。
パスタの茹で上がり時間を見誤ったため、具が少し焦げてます。あと、肝心のヤマドリタケモドキは先ほど書いたように、炒めた途端油となじんでチュルチュルと縮んでしまい、最初に投入した量の割に全然見あたりません。
まあ食べてると時々いるのが見つかるんですけど。油を吸って縮んだヤマドリタケモドキはとろっとして歯ごたえなどは無いんですが、うま味とコクがあって塩コショウのみとは思えない味わい。やはりバターとの相性がいいように思えます。この様子ならクリームシチューなども美味しそうです。
柄の方も食べ頃のキノコなら歯ごたえがあって食感がいいらしいんですが、今回は残念ながらそちらはイマイチ。

あとついでに、今回使ったニンニクは先日ニケからお裾分けで貰った物だったんですが、その写真でも。



これ絶対ニンニクの大きさじゃないって。


Jul.20.2007(Fri)00:31 | Trackback(0) | Comment(2) | 食糧(レシピ・栽培) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

タマネギ亜種

まんがにんにく。

梅雨をお楽しみのようで何よりです。
そのミスドのお皿はうちでも同じものが常用されておりますな。
ついでに、父と私の趣味を合体させるとマユゲ先生が出来そうです゚+.(・ω・)゚+.゚


 by 五街 | Jul.20.2007(Fri)22:36

さらに

ビバ!梅雨!
いや雨うっとおしいけど!

パスタ作った翌日に例のミジンコ好き上司(ミジンコの仕事の前はキノコの仕事をしていた)が、「キノコ生えてるんだって? 写真撮りに行こう! 場所どこ?」と言い出しました。
フクロツルタケ(猛毒)にいたく興味を示しまして。


 by まゆげ | Jul.22.2007(Sun)14:16


(1/1page)