おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


Show by Feb/3/2013

初詣

年が明けまして。
実家で寝正月を過ごしてたんですが昨日、「初詣に行くので明日は朝から起きておくように」と親からの通達が。
行き先は元伊勢内宮。鬼退治伝説で有名な大江山の麓にあり、火災に遭いながらも聳え立つ龍灯の杉が目印の神社。
畿内を中心に点在する元伊勢のひとつであり、伝承通りなら紀元前からある由緒正しい神社ということで、近辺における初詣のメッカの一つです。
宗教施設にこの例えもおかしいですが。



さて、内宮・皇大神社に詣でて終了かと思ったら、さらに奥宮・天岩戸神社まで足を伸ばすとか。あ、私そっち行ったことない。

境内の参道というよりおおむね登山気味のハイキングコースといったほうがよさそうな道をしばらく進んで奥宮に到着。
いかにも神社然と整備された皇大神社から一変して、こちらは荒削りで鬱蒼としていかにも古代からのパワースポットという雰囲気。
市内から車でせいぜい30分ほどのところにこんな場所があったとは知りませんでした。



あ、なんていうかこれ私が知ってる初詣の作法と若干違う。若干。
私が知ってる初詣って詣でるのにいちいち鎖が必要だったり、一瞬気を抜いたら怪我しかねないような雰囲気だったりしなかったんだけど。

なんかMayugeの何人か前に並んでた夫婦のうち先に登ってたオッサンがよろけて奥さんに後ろから支えられ、奥さんに向かって「お前がそんなとこおるから滑ったやろ」と感謝の言葉を述べてました。
とりあえずこのツンデレが落ちてきても巻き込まれずに済むように、一旦降りて予測落下ルートから離れておくことにします。



幸いオッサンも落ちてきませんで無事に参拝を終えました。

ということで、内宮、外宮はこれまでも何度か初詣などで来てましたが初奥宮でした。
岩と清流で涼やかな雰囲気が神秘的でなかなか良いと思います。
できれば雪がちらついてたり岩の表面が濡れて滑ったり鎖がキンキンに冷えてたりしない時期の参拝がお奨めです。



Jan.3.2013(Thu)23:25 | Trackback(0) | Comment(0) | 徒然(日記) | Admin


(1/1page)