おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


雪平鍋

以前、友人とかっぱ橋そぞろ歩きなどしたときに見かけた雪平鍋がありまして。
アルミ板から手打ちで打ち出したというその鍋は非常に肉厚で重量感があり、滑らかな鎚目が妙に綺麗で一目で気に入りました。
お値段1万円弱。
いやいや、雪平鍋とか数百円くらいからあるから。メインの用途がインスタントラーメンとうどんなのに金かけるとこおかしいから。ていうかうちに雪平鍋すでに1個あるから。
と惹かれる心をなんとか自制。いやこういうのがあるからかっぱ橋巡りは楽しいんですけどね。

で、先日入った店で板さんがなんかどうもこの雪平鍋じゃないかという感じのものを使用してるのを見まして。
表面がくすんで鎚目の凹凸が磨かれた使用感もまた良い雰囲気。
ということで一旦治まってた物欲がまた再燃中。うっかりAmazonで検索してみたら同じものと思しい雪平鍋がおおよそ半額くらいに
これはお買い得!と飛びつきそうになりましたが落ち着け。雪平鍋5千円ってべつに安くないから。

あと単に厚手の雪平鍋ってことなら1000円以内でしかもIH対応とかいろいろ選択肢はあるんですよね。うちIHじゃないから別に関係ないけど。こうなるとあとは単にデザインが気に入っただけの鍋に7倍くらいの値段を払うかという問題に。
そして銅製の雪平鍋とかもちょっと良いなぁとまた無駄な方向に惹かれてみたり。

今うちにある雪平鍋は学生時代からずっと使ってるもので、取っ手の付け根辺りにけっこう大きなヒビが入ってきてます。しかしヒビが入ってから2年くらい経ってもそれ以上悪化するでもなくヒビから水が漏れるでもなく丈夫に働いてます。いっそここから水でも漏ってくれば買い換えの口実になるのにとか思いつつ古い鍋使用中。



Mar.6.2014(Thu)01:47 | Trackback(0) | Comment(0) | 徒然(日記) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)