おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


靴(非ガラス)

週末、ちょっと細かな買い物などこなすために秋葉原~アメ横あたりをふらふらしてました。
秋葉に着いてから、そういえばメモリが足りない気がするなぁとか思ったんですが、自分とこのPCのメモリの規格をしっかり憶えてなかったのでパス。手際悪!
まずはノ-ト用の小さいUSBハブが断線で入滅めされたのでその辺から。用が済んだらそのまま御徒町まで徒歩で移動してアメ横散策。けっこう前、お気に入りだった腕時計を職場でしゃがんだときに床(タイル張り)に落としてしまい、「けこん。」という軽い音と共に動かなくなりまして。それ以来稼働してる腕時計の数が少ないので、なにかいいのないかなぁと眺めつつ。
どうでもいいことですが腕時計を奪う山賊というのも実在します。

で、てくてく歩きながらその辺を眺めてると、靴が大量にずらーっと壁に設置してあるのがふと横目に入ってきまして。

ちなみにMayuge自己アナライザーを使用した分析によりますと、Mayugeの歩き方は普通よりつま先によるケリに重点を置いた、少しクセのあるものと思われます。そのせいか靴底が柔らかく、つま先をしっかり曲げられる靴を選ばないと足が痛くなるんですが、なかなか基準に達する靴が無いんですよ。おそらくはこの歩き方のクセと、あと日常の移動に自転車を多用する都合(ペダルに擦ったりして)で、靴がダメになるときはたいてい親指の付け根の横側に穴が空きます。繰り返しの曲げによる疲労で割れましたって感じに。
そして靴底が曲がりやすい靴という条件がなかなか面倒でして、気になって手に取った靴のほぼ9割はこの条件ではじかれて棚に戻されます。靴屋からしたら、「展示品を手にとったとおもったら、いろいろな角度から眺めるとかじゃなく、まず両手でもってグニッと曲げはじめる変な客」かもしれません。

そんなわけで靴が必要なとき、手近な靴屋で気軽に選ぶということができないため、必要になりそうなら早めから気をつけておくようにしてます。

話は戻って週末のアメ横。ずらーっと展示された靴を横目で見て、そういえばしばらく前、時々使ってる靴に寿命が近づいてそうな気配があったなぁと思い出しまして。
じゃあそろそろ靴屋とかで吟味を開始しないとなぁ。明日も休みだし明日の午後にでも靴屋を覗いてくるか。自宅の近所で靴屋というと、あそことあそこと…とか考えながら数歩歩いたところでふと気付きました。

ちょっと待てと。今貴様の視野に入った、靴をたくさん壁に並べたお家は何なのかと。しかもここは世界に冠たる 雑踏 アメ横ではないのかと。なんでわざわざつくばまで戻って靴を探す手順考えてるんだ。

アホか。
アホなのか私は。




ちなみに帰り、「たしかつくばエクスプレスに新御徒町って駅があったなぁ」と思い出して、御徒町駅で案内板で方向を確認し、歩き出しました。

…遠っ!

どこかで気付かずにスルーしちゃったんじゃないかと不安になってから、更にしばらく経った頃にようやく地下入り口を発見。
やっと着いたと思って地下に降りたとこりにある改札は大江戸線。エクスプレスの駅はさらにその向こう。まとめろ。まあ何はともあれ道を間違えたり通り過ぎたりしてたわけじゃなくてよかった。

ありがとう新御徒町駅! 多分二度と使わない!



Feb.13.2007(Tue)01:23 | Trackback(0) | Comment(0) | 徒然(日記) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)