おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


Raja

さて、ここんとこつくば近郊のインドカレーのことをたびたび書いてたせいもあって、カレー屋の情報を求めて検索してこられる方が増えてきたんですが、ラージャってカレー屋の検索でのヒットが何度かありまして。いや、そこ食べに行ってないから。それはつまり私に食いに行ってこいというプレッシャーか! 望むところ!

というわけで久しぶりのつくばランチカレーレポートはインド・ネパール料理 Raja
検索結果には「つくば 二の宮 ラジャ」とか書いてあったから多分ここのことですな。店名はありがちですが。
つーかここ、Mayugeの自宅からわりと近く、通勤路からちょっと逸れた辺りなので、しばらく前に店ができたのは気付いてたんですよ。わりと近いというか、最寄りのコンビニより近いかもしれません。ネパール人もびっくりの近さ。まあ最寄りのコンビニが軒並み廃業して近くに無いという話はさておき。
さて、この店の入ってるテナントですが、Mayugeが引っ越してきた時はたしか違う店だったんですよ。その後、いつの間にか店が変わっていて、今回の店で3店目です。…大丈夫なのかこの場所。

ということで写真はランチメニューの看板。カレーセットで750~1320円。ランチ時間のメニューはこの看板と全く同じ物が置いてあるだけです。ただ、店内にいた常連っぽいインド人の家族連れがパパルとか注文してたので、多分ランチメニュー以外の物も注文は可能なんではないかと思います。



今回はカレーを複数試したかったのでBセット1050円。カレー2種を選んでナンorライスと、あとサラダにドリンクが付きます。
カレーはマトンカレーとサグチキンカレーを。マトンカレーはこれまで私が食べたのはたいてい黒っぽいルーでしたけど、ここのはチキンカレーとかにありがちな黄色っぽいカレーですね。それぞれ何をベースにしたらそういうカレーになるのか知りませんが。サグカレーはホウレンソウをすり潰した緑色のカレー。

サグチキンカレーは個人的にはアバンティのサグパニールカレーよりこちらの方が好みでした。マトンカレーは久々に食べましたが、しっかりマトン臭がしていていかにもインド料理を食べてる気分に。こう、マトン臭のする食べ物を食べると、卒業旅行にインドに行ったとき、バナラシでマトン料理を食べて同行者全員で腹を壊した時の思い出が走馬燈のように浮かんできます。あれは確かマトンのハンバーグとマトンシチューだったでしょうか。…走馬燈?

さて、そんな馬にはしばし別れを告げてカレー。今回はライスで注文したんですが、サフランライスはインディカ米を使用している様子。というかインディカ米とジャポニカ米を半々にして使用してるようにも見えます。しかしここでレポートするインド料理屋でインディカ米使ってたの初めてじゃないですかね。だからどうだってわけでもないですが。
サラダは一見普通のサウザンアイランドドレッシングか何かがかかってるように見えますが、どうやらおろし野菜とヨーグルトをベースにしたオリジナルのドレッシングの様子。さっぱり風味のちょっと変わった味でした。
ドリンクはアイスチャイを注文しました。チャイはスパイスを紅茶と一緒に煮出すタイプのもよう。
カレーは中辛で頼んだんですが、辛さはアバンティの辛いときくらい。けっこう辛いです。あと、ナン、ライスはお代わりが可能らしく、食べてるときに「ナンかライス、オカワリどうデスカー」とか聞かれました。そういえば水が減ってないかこまめに確認に来たりおしぼりが手渡しだったりと、ウエイターの人がわりとマメです。
あと、食べてるときに近所の人とおぼしき人がナンのテイクアウトに来てました。ということでテイクアウトにも対応してくれるもよう。そういえばアバンティでも似たような光景を見ましたけど、ナンのみのテイクアウトって最近わりと一般的なんでしょうか?



ちなみにバナラシの件ですが、インドに着いてから現地の旅行会社(従業員インド人オンリー)に飛び込みで交渉し、インド人が「予算が低すぎる」と言うほどのびっくりの価格でプランを作ってもらってまして。予算の都合でバナラシにはガイドは付いて来てくれず、バナラシ行きの寝台列車に積み込んでそのまま放流されるというプランになっていたんですよ。で、その際にガイドが、「バナラシは衛生状態が悪い。バナラシに着いたら滞在中、ずっとベジタリアンをやってろ。あそこで肉料理を食べてはいけない」と言われまして。
んで、3日間くらいの滞在期間中、言いつけを守って野菜料理とナンばかり食べてたんですよ。で、最終日の夕食のとき、ずっと警戒してたけど全然お腹も壊さなかったし、そろそろしっかりしたものが食べたいなぁということになりまして。まあ泊まってるホテルの中のレストランだし、大丈夫だろうということで先ほど書いた通りのメニューを注文したわけですな。

結果: 全員撃沈。

デリーに戻ってガイドから「バナラシでは大丈夫だったか?」と聞かれたのでそのように答えたら、「そうだろう。あの街で肉を食ったらインド人でも腹を壊す。」
ってじゃあいったい誰のために売ってるんだ、あの料理。

写真はバナラシ(ベナレス)のガンジス川。



Jun.18.2006(Sun)23:28 | Trackback(0) | Comment(0) | くいだおれ(食記録) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)