おもいつき
 
いきあたりばったりに。 日常とか
 


Show by Apr/25/2008

NON 2号店

当Blogの食べ物ジャンルにおいてNONですが、年末くらいに、地元情報誌に2号店開店の情報が出てるのを見かけまして。

一度見に行こうと思ってたんですが、ちょっと離れたところにあるのもあってなんだかんだで延び延びになってました。
ということで前回と二週連続週末NON。

外観はこんな感じ。本店が近代アーティストの仕業っぽいのに対してこちらはアメリカンカントリー調。アメリカの片田舎の食堂みたいな雰囲気で、たとえて言うならハリウッド映画で悪漢とチェイス中の主人公が窓から車ごと突っ込んできそうな雰囲気。
分かり難いですか。Mayugeの喩えは分かり難いとはよく言われます。

ちなみにこの日はグランさんが北海道旅行などやってまして、旭山動物園を訪問中とのこと。何やら「ペンギンのお散歩を見物するために集まってきた人々の群」という、すごく鑑賞し甲斐のない物体の写メが送られてきました。あれか、世界中のどの動物園でも飼育されてない唯一の動物ってやつか。(C)ぽっぺん先生

と書いたところで裏付けのために検索してみたら、最近はあちこちの動物園でネタをパクられてるようで。

何の話かというと「ぽっぺん先生の動物事典」という児童文学作品があるんですが、この作品のラストで採り上げられる動物が「ヒト」でして。その説明が「世界中のどの動物園でも飼育されていない唯一の動物。ただし、某(忘れた)動物園には『世界で最も危険な動物』という檻があり、檻の中には自分が映るように立てられた鏡がある」というような感じになってます。なにぶん小学生の頃に読んだ内容なのでうろ覚えですが。

どうも最近は同じように鏡を立てたり、自由に入れる空の檻を設置したりしてる動物園がけっこうあるみたいです。


話が逸れましたか。いや、ペンギンだペンギン。見物人をさらに見物してどうする。貴様が今撮影すべきはそっちじゃなくて、背後にいる白と黒の歩き方のぎこちない生物だろう。
というような返信をしてみたところ、「ペンギン撮影した画像が保存できてなかった。けっこうショック」という報告が。あー、なんだ、南無。



ペンギンはさておき食事。
メニューはどうやら本店と共通でしょうか。手書きの日替わりメニューも同じ人の字なような気がします。
とりあえず普通のメニューでもかなりのボリュームを誇るこの店、ダブルバーガーはどのくらいダブルなのか、ということでダブルナチョチーズバーガーを注文。

まごうかたなくダブル。
縦軸の方が長い物体が出てきました。
トリミングしてありますが、刺さってる串を上から手で支えて撮影してます。崩れるし。

たっぷりのチェダーチーズと厚みのあるハンバーグ2枚にどっさり野菜でまさにダブル。付け合わせはたっぷりのフライドポテトと丸ごとのキュウリのピクルス。ところでこれはいったいどうやって食すれば?

とりあえず上下に解体してシングルで消費しました。意味無いとか言うな!

シルエットはインパクトが大きいですが、組成自体はべつに奇抜な素材を含んでるわけではないため、ごく普通にチーズバーガー。普通にとは言っても相変わらず肉汁たっぷりの厚手のハンバーグにカリカリフワフワのバンズが美味の高レベル。本店と比較しても遜色のない味だと思います。



デザートは最初他の物を注文してたんですが、その後メニューを眺めてたらキャラメルフルーツフレンチトーストというのが気になってきたのでこちらに変更。
出てきたのがフランスパンを使ったフレンチトーストだったのがちょっと予想外。運ばれてきた途端カラメルの香りが立ちこめて非常に食欲をそそります。

ふわっと仕上がったトーストに焼き目の香ばしさとキャラメルソースの香りがよくマッチしていました。

あと、せっかくなのでグランさんにペンギン撮影失敗の返信としてフレンチトーストの写真を送信。


店はつくば市街からはちょっと北にはずれてますが、以前に2回ほど収録したスリランカカレーの店、アンマー・カリヤの近く。この周辺も最近けっこう色々賑わってまして、面白げな食べ物には事欠かない感じではあります。

店内は本店より広く、その分机のサイズや席の間隔がゆったり気味な点がプラスかもしれません。座席数もスタッフも本店より多いようでしたが、今回ちょうどお昼どきに行ったこともあって、1、2組が席が空くのを待ってる感じでした。やはり人気の様子。
料理の味は本店と同じ水準という印象でしたし、ちょっとゆったりしたい時とか人数多めで来るときなどは本店よりこちらに来るのがお勧めかもしれません。
Mayuge個人の事情としては本店の方がかなり自宅から近いため、そうしていただけると助かります。私が。個人的に。


ついでに夜、苑香さんと合流して羊肉をかっくらってるグランさんの画像が配信されてきたため、ダブルバーガーの画像を送ってみたところ、「あんた昼ってフレンチトースト食ってなかったかね!?」という返信が。あ、それデザートなんで。



 NON アメリカンカフェ&ダイナー

  つくば市上野700-5
  TEL. : 029-857-6050
  営業時間 : 11:00~23:00(L.O.21:30)





Mar.25.2008(Tue)23:45 | Trackback(0) | Comment(0) | くいだおれ(食記録) | Admin

NON(厚揚げ)

ょっNONへ。

この店のサラダサンドには本当にハズレがありませんが、今回来店するなり強烈に目に飛び込んできたメニューが。


 「チキンと厚揚げたっぷり水菜のゴマダレブレッドサラダサンド」

…厚揚げって言ったか。サンドイッチに。
この店のメニューは少々イロモノっぽい物を注文しても毎回堅実に美味しくて驚きの安定感なんですが、さすがにこれは大丈夫かどうかちょっと心配になるネーミング。
「たっぷりは」厚揚げにかかってるのか水菜にかかってるのかという点も気になるところではありますが、それ以前に厚揚げたっぷりのサンドイッチという単語のカップリングはすでに我々の想像力を軽く超越しています。

普段はこの店で日替わりメニューにユニークな物を見かけたらそれを注文することが多いんですが、さすがに今回はちょっと不安でしばらく悩みました。
まあこれまでイロモノっぽい食べ物でも失敗だったことがないという実績を信じ、結局これをチョイス。

たしかに厚揚げ。相変わらずサンドという名前にもかかわらず何か挟もうとしたような痕跡が一切感じられないことに関しては今さら何も言わないことにします。

…おかしいな。普通に美味しい。なんでだ。

角切りにしたトーストの上に水菜・サニーレタス・トマト等の野菜を配し、中央にはこの店お得意のグリルチキンの一枚肉、そして周辺に角切りの厚揚げを散らしてごまだれドレッシングで仕上げてあります。厚揚げはちょっと表面を焙ってあるのか、カリッとした食感で香ばしく、トーストに合わせても全然違和感がありません。

この店はイロモノっぽいメニューでも外さないということを再確認しました。驚くと同時にこの妙ちくりんなメニューをどんな人物が考えてこんな完成度に仕上げてるのか、これまで以上に気になってきました。



 おいもとリンゴのあったかキャラメルパフェ

デザートはカラメル分補給な感じで。以前食べた、あったかりんごのキャラメルパフェの進化版でしょうか。
ビターなカラメルソースで煮た温かいリンゴとリンゴとさつまいもがトッピングとして付いてきます。
カラメルの香りと苦味がアイスクリームに合って非常に美味。



 メープルトースト

で、もう一つデザート。レギュラーメニューからメープルトーストが何となく目に付いたので。

この店のメニューは全体的にボリュームがかなりあるというのは以前から書いてる通りで、周囲の客を見ていても2人連れで料理1品を分けてたり、サンドイッチやハンバーガーを注文しておきながら、具を食べるのが精一杯でパンを残してたりという光景をわりと見かけます。
しかし注文時に「サラダサンド+メープルトースト」の組み合わせを言ったとき、店員から「その組み合わせは危険」的なドクターストップが入りまして。
私の記憶が確かなら、この店でオーダー時にボリュームについて店員から注意が喚起されたのは初めてだと思います。

主食の料理は1品だけにして分けるつもりだと説明したところ、「それならデザートがこれでも多分大丈夫」的な許可をいただきました。
出てきてみて納得。これは普通に主食1品と同じシルエット。

内容としては表面をカリッとさせた角切りトーストにフルーツを散らし、生クリームを盛ってメープルシロップで仕上げたもの。主食に注文したサラダサンドのデザート版って感じですな。
メープルシロップの香りが良くて美味。しかしカロリーすごそうだな。


今回、デザートも双方良い出来だったんですがインパクトは完全に厚揚げに持って行かれました。
なんでこんな妙な組み合わせの物があんなに違和感なく美味しいのかいまだに不思議。



 NON FURNITURE&CAFE

  つくば市二の宮 2-14-15 ARUMIKビル 1F

  TEL : 029-858-3855
  営業時間 :  月~木 11:00~21:00(L.O)、金・土 11:00~21:30(L.O)、日祝日 11:00~20:30(L.O)





Mar.25.2008(Tue)02:27 | Trackback(0) | Comment(0) | くいだおれ(食記録) | Admin


(1/1page)